骨格診断 まさかの誤診…?

AD
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ストレート判定

骨格診断は、数年前に一度受け、その後、ママ向けイベントで1回、集団のセミナーでさらに1回の計3回受けています。いずれもストレートということで、シンプルなVネック、タイトスカート、シャツなど徐々にワードローブに加えてきました。

タイトスカートとVネックの制服化

一番最初にストレート判定が出てからはVネックのセーターか夏はTシャツ・ポロシャツ、タイトスカートかセンタープレスのパンツが制服化され、毎日の服選びも楽になりました。

ただ、気になっていた点

  • 診断の際に試着させてもらったロングテーラードジャケット、トッパーカーディガンが似合っているように自分では思えなかった
  • ミラノリブなど重めの素材がしっくりこない
  • ロングネックレスよりも数年前に流行った短めのビジューネックレスの方がバランスよく見える
  • 太ってるからバストのサイズはあるけどトップが低い(年齢により単に垂れてるだけか?)
  • デコルテが貧相
  • 昔から骨細・首長と言われていた
  • 一番最初の骨格診断の時に腰の高さはあまり無い(けれどストレート)と言われた
  • 太り方のDNA検査をした時洋ナシ型と言われた(つまり下半身太り)ー全身が丸くなっていくりんご型がストレートっぽく、太りにくいばなな型がナチュラルに近いかと

等々、自分でも引っかかる点がありました

まさかのウエーブ判定

先日診断モニターであるサロンに伺った時に、ウエーブとの判定が出ました。

  • ウエストラインをあげたほうがスタイルがよく見える
  • タイトスカートよりもギャザースカートの方がバランスがよくなる
  • 巻いた髪の毛が似合っている、一つにまとめると老ける(ストレートであればまとめたほうがスッキリして似合う)
  • 腰よりも腿のほうが横に張っている
  • 当日着て行ったかっちりしたトレンチコートよりもテロントしたトレンチのほうが着痩せする
  • 胸下ぽっこりお腹上のウエスト部分が細い

等々、がウエーブ判定の理由のようです。

体の厚みだけで診断するとストレートになりやすいので、太っている人はウエーブでもストレートと言われることが多いとのこと。大切なのは重心のバランスでどうやったらバランスがよくなるかを考えなくちゃいけないと。ただ、やっぱり太っている分ウエーブの王道コーディネートをそのまま実践するのは厳しい場合もあるとのこと。

また別のサロンでカラーのモニターをした時も、はっきりと骨格診断の結果は教えてもらえませんでしたが、アドバイスとして「髪の毛を巻いたほうが良い」「ふわふわした素材の服が良い」と言われました。

ストレートと言われた理由の推測

まぁこれはウエーブの「華奢」の対極にある「デブだから」の一言に尽きますが、あえて挙げるならば…

  • 太っていて体に厚みがある
  • 子育ての結果、二の腕パンパン
  • 中学校の部活のせいで、脚が筋肉質 のあたりかと…

タイトスカートで着痩せする件

タイトスカートに関しては自分で似合っていると思っていたのですが、先日のサロンでの試着の際、確かにギャザースカートを履いてハイウエストにした時のほうがバランスがよく見えました。

しかし、好んでしていたVネックとタイトスカートの組み合わせは、デブにとって着瘦せに最強の気がしています。というのも、どちらも体にぴったりのジャストサイズなので、余計なウキが無い分自分の中で一番痩せられるという感じなのかなぁと。

研究の余地あり

テロテロ素材が多くなりちょっと距離を取っていたユニクロですが、テロテロ素材、挑戦してみようと思います。どうだろう、似合うかな。周りの評価を仰いでみるのも良いかもしれません。

AD