最近ユニクロに行かなくなった理由

AD
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

あんなに好きだったユニクロ。あんなに足繁く通ったユニクロに最近行っていません。なぜだろうと、自分なりに考えたので覚書。

買い尽くした

ユニクロに足繁く通っていた頃。限定価格になるたびに、私服を制服化しているユニクロの服をある程度ストックしたため、ストックの補充が必要なくなった。

テロンテロン素材のものが増えた

骨格ストレートの私は、生地もある程度しっかりとしたものが得意です。が、最近のユニクロはテロンテロン素材に力を入れているので、正直欲しいと思えるものが少ない。

ビッグシルエットのものが増えた

シャツからニットからコートから、ここ数年ビッグシルエットが流行ったせいか、シンプルなデザインのものが減り、何でもかんでもビッグシルエットが増えました。あれは華奢で可愛い子が着るものであって、ただでさえガタイが良いアラフォー(つまりわたし)がビッグシルエットのものを着ると目も当てられない。

ドロップショルダー流行り

ビッグシルエットに通じるのですが、ドロップショルダー流行りがまだ続いているのか、2016年はカシミヤのクルーネックすらドロップショルダーでした。ドロップショルダー…肩の丸さが、すごい。

化繊混紡で劣化が激しい

これは昔もですが、最近は特にそう感じます。特にニット系は1〜2回着てすぐに毛玉だらけなので(これは子育て中で抱っこしたりなんだりがあるので全ての人に共通ではないと思う)、正直ユニクロのニットは使い捨て感覚です。

目新しいものがあまりない

そこがユニクロの良いところでもあるのだけれど、基本的に毎年同じものなので、これはすぐ買いたい!と思うものが無い+新作は上で挙げたようにテロンテロン素材のため購買意欲がわかないのです。

お得感が薄れた

全体的に値上げした時よりも、元々の価格帯に戻ってきていますが、値下げのタイミングが体感的には遅く底値になった時にはもういらない時期というような感じ。よって、値下げ品にもあまり魅力を感じないように…

 

以上、個人的な定期的にユニクロに行かなくなった理由でした。

あと個人的には、ユニクロの通販サイトで見るガッキーの写真に修正が入りすぎて誰だかわからないくらいガッキーの良さが消し去られているのが気になります。

AD